中国 ビタミンCの沸騰性のタブレット メーカー

アンホイのkangboteの健康食品Co.、株式会社

KBTは研究及び開発の自然な健康プロダクトの販売を専門にする。私達は1つを停止する解決サービスを、私達のサービス下記のものを含んでいる提供する:パッキングの設計のための私達の顧客、文書登録を助け、新しい方式を開発しなさい。

ニュース

June 4, 2021

重量を失うLカルニチンの–最もよい方法をもっと効果的に取る方法

Lカルニチンはエネルギーに脂肪の変形を促進できる栄養要素である。赤身はLカルニチンの主要な源である。釣り合った毎日の食事療法は既にLカルニチンの5-100mgを含んでいる、一般人で50 1日あたりの食餌療法からのLカルニチンのmgしか、および菜食主義者のためのより少しは取らないことができる。

 

有名な利点を除いて–重量を、そこにであるこの材料からのより多くのbenefirts失いなさい。Lカルニチンに防ぐために細胞からあるがらくたの物質を取除くのを助力の二次機能がある集め、病気を引き起こすことを。


最新の会社ニュース 重量を失うLカルニチンの–最もよい方法をもっと効果的に取る方法  0

Lカルニチンは中心の健康のあるindexsと研究がまだ進行中であるが助けるかもしれない。取得Lカルニチンの補足は中心の打撃に苦しむことの後で短期間の中心の健康状態を回復できる心不全のLカルニチンのレベルの改良に対する肯定的な効果をする。補足はまた胸痛および不整脈のような心不全の徴候と、助けるかもしれない。KangboteのブランドのLカルニチンは食餌療法健康な減量のための供給の必要なnutriliteを錠剤にする

 

時々、化学療法のような癌治療により、人はLカルニチンが不十分になるかもしれない。このような場合、Lカルニチンの補足は疲労および弱さのような徴候を減らすのを助けるかもしれない。

 

研究者は化学療法による組織の損傷を防ぐ可能な方法として現在混合物を調査しているがこの研究は初期にある。

 

腎臓およびレバー助けがLカルニチンの不足をLカルニチン、病気または器官の失敗を使用するためにこれらの器官で作成し、もたらすかもしれないように。医者は腎臓およびレバーの機能を支え、不足を防ぐためにLカルニチンの補足をこのような場合推薦するかもしれない。

 

 

可能な副作用

1. 胃痙攣

2. 悪心

3. 嘔吐

4. 下痢

個々の憲法、Lカルニチンの相違が原因ですべての人々のために適していない。前述の副作用が行われるとき、Lカルニチンを取る停止はプロダクトか薬物のすぐに細くをおよび医師の忠告を追求するために基づかせていた。

 

先端

私達が減量の期間の間に昼食を普通食べてもいいが私達はまだあまりを食べることができない。私達は減量の期間の間に半分入った昼食を食べることを試みてもいい。そして減量の期間の間に、朝食は食べすぎていない限り、朝食が人体のために非常に重要食べない高脂肪をであるかまたは高脂肪の食糧が良いのでいつも通り正常でなければならない。それは最もよい各食事のために完全な8ポイントがあるために。より多くの水かヨーグルトを飲むことができたりより多くのフルーツおよび他の粗い繊維の食糧を食べ、選択式により多くの唐辛子を食べる。寝る前に食べることができない。毎日運動し続けるべきである。

連絡先の詳細